« dj max | Main | 暗い内容の後は »

April 30, 2005

最近のニュースから

 JR福知山線の脱線事故のことは誰もが知っていることと思います。
あまり鉄道事故のことはよく知っているわけではありませんが、日本の鉄道史上最悪の事故
のような気がします。

 なくなった方も100人を突破。
車両は、これが電車だったとは思えないほどひしゃげてましたね・・・。

 ニュースではその前の駅で40mのオーバーランによる1分半の遅れを取り戻そうとして・・・
とよく言われています。
運転手も今度オーバーランしたらクビになるところまでいってたようで、精神的に追い詰められていたことでしょう。
 そりゃあ車掌と口裏合わせて速度違反してまで遅れを取り戻す気持ちにもなるでしょう。

 ですが、今回の事故はJR西日本の教育訓練が生んだ人災と言えのではないでしょうか?
確かに、ダイヤの遅れは信用を失うものかもしれません。

 でも、そこに「命を預かっている」という大事なことが抜け落ちている気がします。
近鉄との競争も企業活動としては大事でしょう。
 そこに事故の可能性を加味することをおろそかにしてたのではないでしょうか?

 事故を起こした電車の運転手は亡くなりました。
彼もある意味犠牲者だったのではないか・・・と思わずにいられません。

 

 と・・・まぁこんなこと書いた理由は
人事とは思えないからだったりします。

 ウチの会社は人間を運ぶわけではありませんが、荷物をお客から預かっています。
こう言っては失礼かもしれないけれど、さもない紙切れやCDから、1千万以上する貴重品
ひいては個人情報の含まれた荷物があるわけです。

 最近、ウチの営業所では地上便(営業所と空港などの中継店を往復する大型トラック)
の遅延発車が問題になっています。

 ウチの営業所の荷物が出揃うのが遅いため、地上便が出発できないわけです。

 立場上、「何が何でも間に合わせろ」なんて言ってはいけないし、もちろん言わないのですが
荷物預かってる大型の運転手はやっぱり間に合うように急いでくれちゃったりするわけです。

 法定速度で運行して間に合わない場合は、間に合わなくても仕方ないはずなのに間に合わせるのは
荷物がカットされる→ウチの会社の信用がさがる
  これは仕方のないことですが

 中継点側に運転手が文句言われる→地上便が悪いことにされてしまう
こんなことがあるからだそうです。

 カットされちゃうのは我々のような発送店が悪いはずなのに、言われるのはドライバー。
だから間に合わせちゃうそうです。(地上便ドライバー談)

 今ウチの発送時間が遅れているにもかかわらず、間に合っちゃってます。
それが繰り返されて現在なあなあにされそうなところまできています。

 急げば急ぐほど、リスクは高くなります。
もし、これで事故を起こしてしまったら・・・・・

 福知山線の事故。運転手・車掌はJR社員です。
ところが、ウチの地上便ドライバーは下請企業です。
 事故がおきて、それが今回のような大惨事に発展したら下請け企業なんて
大きいわけがないので、ひとたまりもありません。

 中には老体にムチ打ってまで家族のためにトラック走らせている人もいます。
ひとたび発送遅延を理由に急いで運行した車両が大きな事故を起こしてしまったら
この人たちを殺してしまうも同じですよね?

 積荷の中にはどこかの企業の社運がかかった荷物が載っているかもしれません。
燃えてなくなってしまったら・・・・・。

 ウチの会社にも打撃はあるでしょうけど、一応大企業です。
倒産まで傾くことはないと思います。

 もう一度、安全について・人やモノを預かることについて
JRとは言わず、運輸業全体が見直すべきではないでしょうか?

 いや、一度といわず何度でもです。

|

« dj max | Main | 暗い内容の後は »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52589/3914324

Listed below are links to weblogs that reference 最近のニュースから:

« dj max | Main | 暗い内容の後は »